FC2ブログ
流行に乗ってブログに挑戦してみます。 コメント残してってくれると嬉しいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相撲界にも王子が現れないものだろうか
朝青龍が嫌いって人多いけど、僕はそこまで嫌いじゃないんですよ。
てゆうかあの闘争心は、日本の力士がむしろ見習ってほしいですよ。

だって日本人力士で一番強いのは、いまだに魁皇と千代大海なわけですよね?
限界だの引退しろだの言われてる2人なわけですよね?
ふざけるな、と。
若手が育ってないこんな状況じゃ、魁皇と千代大海だって安心して引退できねーよ。
2人とも大好きだけど、超えていこーよ、若い奴らがさあ。


でも考えようによっては、朝青龍という悪役が圧倒的に強い今は、ある意味チャンスだと思うんですよ。
「横綱のライバルとなりうる強さを持った」「日本人」の力士。
それさえ現れれば、大相撲は絶対盛り上がると思うのね。
反則的に強い気がしてたハワイ力士と貴乃花や若乃花が名勝負を演じていたあの頃のように。


そんな力士が現れるまで、朝青龍には憎らしいくらい強くあって欲しいな。
スポンサーサイト
黒嗣の島、読了
小野不由美「黒祠の島」読み終わりました!

<あらすじ>
興信所の調査員・式部は、失踪した作家・葛城を探して”夜叉島”に足を踏み入れる。
だがそこは近代国家が存在を許さなかった”邪教”が伝わる地だった。
余所者を嫌う島の人々はこぞって口を閉ざし、式部の調査を妨害しようとする。
二転三転する調査の末、式部が最後にたどり着いた真実とは!?

<感想>
「屍鬼」もそうだったが、小野不由美は序盤の徹底した書き込みで読者に世界観を伝えてくれる。
だから正直、中盤までは情報が多すぎて読むのがつらい。
しかし、だからこそ、それまでの全ての伏線が怒涛の勢いで回収され、読者の予想の遥か上を行く恐怖を与えてくれるクライマックスには、他のどの作家よりも引き込まれてしまう。

島民に根強く信仰されている、裁きを行う存在「馬頭(めず)」が正体を現したとき。そしてその後、式部によってこの作品のテーマとなっているのであろう問いが言語化されたとき。最後まで分からなかった葛城の生死がようやく明らかになったとき。
いつの間にか小説の世界に引きずり込まれていた自分に、幾度となく気がつきました。

以前友人に「屍鬼」を貸したら最初の数ページで挫折して戻ってきたけど、彼女の作品は、とにかく騙されたと思って最後まで読んで欲しい、と思います。


個人的お薦め度 ★★★☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。