FC2ブログ
流行に乗ってブログに挑戦してみます。 コメント残してってくれると嬉しいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かなしい
来月半ばに市役所の試験を受けようと思ってて、最近は結構勉強してたりします。
けど、問題を解いていて、ときどきかなしくなったりします。
例をあげますると


今日は「数的処理」っていう、まあ数学みたいなものを解いていたんです。そんで、私はなんとか答えを出しました。


「これは、44だな!!」


自信は半々くらい。まあ、模範解答を見るまでなんともいえねーな、みたいな。とりあえず択一なんで、44という選択肢を探します。


選択肢・・・①52 ②53 ③54 ④55 ⑤56


解答見るまでもなかった。44なんて選択肢は、存在しなかったorz




なんでだろ・・・。どっかで計算ミスでもして、10ずれてたりするんかな?
ってことは、答えは54だったりして!(笑)



もう解きなおす気力のない私は、答えは③ということにして解答を見る。








あってた。








・・・








かーなーし-いー
スポンサーサイト
武勇伝♪
私の親父は、基本的に楽観主義者です。「まあ大丈夫やろー」的な考えは車の運転にも現れます。要するにめちゃくちゃスピードを出す人です。
・・・いや、出す人でした。
最近の親父は、全くスピードを出さなくなりました。慎重派の母の教育が効いたのかもしれません。親父がどのくらいスピードを出さなくなったのか、ちょっと書いてみようと思います。



最近の親父は、律儀に制限速度を守っています。後ろのドライバーがイライラしてクラクションを鳴らしても、決して動じることはありません。いいことだと思います。焦ってスピードを出して事故を起こしてしまうより、ずっといいです。

そんな親父が、信号に差し掛かりました。けど、渡ろうとする直前で、信号が赤に変わってしまいました。


ここで問題。そのとき親父はどうしたでしょう?

①安全運転に目覚めた親父は、もちろん停車。
②人は簡単に変わるものではなく、いきなりスピードを上げて通過。







答え

③そのままの速度で、ゆうゆうと赤信号を通過。




そこはあせってほしいです。




さらにペースを変えずに進んでいくと、あまりのゆっくりさにいい加減我慢できなくなった後ろのドライバーが、うちの車を追い抜こうとしました。


それをみた親父は



スピードを上げました。


後日談「なんか、ファイトが湧いてきてさ。」




その闘争心はいらない。






・・・こんな感じです。
母が親父とのドライブ中に助手席で体験した恐怖を、彼女の証言をもとに再現してみました。

親父の運転する車の助手席に母が絶対座らないのは、そういう理由なんだなと、なんだか納得しました。
よ~く冷えたドラッグはいかが?
まだ幼稚園児だったころ、私にはどうしても苦手なものがありました。
それは「風邪薬。」
私はどうしても飲み込めなかったのです。
あの大きな大きな錠剤が・・・。

そんな私を見て、母と祖母はあることを思いつきました。
それは、そのままでは飲み込めないのなら錠剤を粉々にすりつぶして、それを私が大好きだったアイスクリームと混ぜて食べさせようというもの。

アイスと薬を混ぜ合わせたその食品の名は「オクスリーム」(笑)


ぶっちゃけ当時はまだ赤ちゃん言葉で



「オクチュリーム」(笑)



そんなわけで、幼い私は風邪を引くたびにアイスをかっ食らっていたのです。
なんでこんなことを書いたのかというと、今日たまたま見たクイズ番組でまさにこれが取り上げられていたからなんですね。


まずVTRが流れます。錠剤が飲み込めないという子どもがいます。そこにあらわれたのは、その子のお婆ちゃん。
「こうすればいいんだよ。」
お婆ちゃんは錠剤を粉々にして、その子に飲ませました。


ここで問題。この行為はアウト?セーフ?


・・・アウトだったらショックなんだけど(汗)



「答えは、アウトで~す☆」
はうあっ!!!
なんか、胃で吸収してほしい物質とか腸で吸収してほしい物質とか、そういうのを考えてコーティングしてあるから、粉々に砕いちゃったら意味ないんだって。



オクチュリーム駄目だったよママン!!(泣)
チキンのチキンによるチキンのための
昨日、高校時代からの友人と、海にいきました~!
目的はずばり「ナンパ」(笑)
もちろん半分ギャグです。

以下、激闘の記録↓


Scene.1
「あ、あそこの2人組かわいくない?」
「よし、行って来い!」
「無理無理!お前行け!」
「いや、無理です。」

Scene.2
「あっちに女の子だけの集団発見!先輩行ってきてください!」
「いや、お前に譲っちゃーけん、行って来ーい!」
「いやいやいやいや、年功序列でお先にどうぞ~。」
「年功序列ってのは下の奴からいくんだよ!」
「いや、あの、俺には無理なんでどうかお手本を・・・」
「無理じゃ!」

Scene.3
「ねえ、あそこにも可愛い子おるよ~」
「ああ、おるねえ。」
「だね・・・。」
「あ、帰るみたいだね。」
「そうみたいね」
「・・・」
「帰っちゃったね。」
「うん」



チキン、ここに極まれり(笑)


その後、みんなで飲みに行きました。

乾杯の音頭はもちろん「チキン万歳!!」


グラスとグラスをぶつけるときに、いつもなら「カチン☆」となるはずの音が、そのときだけ「チキン☆」と聞こえたのはきっと気のせいでしょう。
にわとり
今流行りのMixiとやらに、先日登録してみました。

ハンドルネームは「にわとり」です。

気が向いたら、マイミク登録してあげてくださいな(^^)


ちなみになんでにわとりっていうと・・・


チキンだから。


分かりやすーい☆(笑)
生徒に言えないこと
先月から、小6の男の子の家庭教師をやってます。
その子は算数がよくないって事前に聞いていたんですが、よくよくその子の答案を見てみるとケアレスミスばっかなんですよ。

てゆーか、その子の書く「0」が、全部「6」に見えるんですよ。そんで自分でそれを「6」だと思い込んで、いつも間違えてるっていう・・・。


それさえなければ君はあと10点はとれるんだよー!


しばらくは同じ注意をし続けることになりそうです。私にも覚えがあるだけに、これはしっかり直さなきゃ。

大事ですよ。注意力は。


ちなみに私は


さっきクーラーつけたのになかなか温度が下がらんって思ってたら、窓大開放してましたorz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。